居飛車穴熊

棋譜並べ

1994/2/25 加瀬純一五段—藤井猛四段(NHK杯)

感想 加瀬純一五段との一戦。来年度のNHK杯出場を目指し今年も予選が始まる。 加瀬五段とは過去1局指していて、藤井四段の四間飛車に加瀬五段の棒銀だった。本局は加瀬五段が先に振り飛車を提示し、藤井四段が居飛車穴熊を目指した。同じ対抗形でも振り...
棋譜並べ

1993/11/16 小阪昇六段—藤井猛四段(順位戦)

感想 小阪昇六段との順位戦。ここまで藤井四段は4勝1敗、小阪六段は2勝3敗。小阪六段は振り飛車党で、四間飛車対右銀急戦における☗8三角に「小阪流」の名を残している(参考図)。 本局は小阪六段の四間飛車に藤井四段が居飛車穴熊を採用。4手目☖5...
棋譜並べ

1992/8/25 藤井猛四段—櫛田陽一五段(順位戦)

感想 世紀末四間飛車で知られる櫛田陽一五段との対戦。私の場合、☖4一金型四間飛車に出会うまでは、特に☗4五歩早仕掛けの対応で「世紀末四間飛車」に書かれてある変化にお世話になることが多かった。 ここまでの順位戦成績は藤井四段が2勝0敗、櫛田五...
棋譜並べ

1992/5/6 藤井猛四段—櫛田陽一四段(銀河戦)

感想 櫛田陽一四段との一戦。 櫛田四段は「世紀末四間飛車」を生み出した四間飛車党。本局も櫛田四段の四間飛車に藤井四段の居飛車穴熊になった。 先手の飛車先が伸び切っていないのを見て、穴熊に組む途中で振り飛車から角交換を挑む積極策を採用。☖3三...
棋譜並べ

1991/9/20 真部一男八段—藤井猛四段(王位戦)

感想 真部一男八段との戦い。 『将棋世界』に真部一男九段の『将棋論考』と河口俊彦八段の『新・対局日誌』が連載されていた時代、私はこの2つの連載を楽しみに『将棋世界』を買っていた。この二人の将棋の見方が自分の将棋の見方の元になっている。本局は...
棋譜並べ

1991/6/18 藤井猛四段—安西勝一五段(順位戦)

感想 いよいよ藤井猛四段の順位戦が始まる。並べる方も気合が入る。どうでもいいことだが、番勝負やリーグの最初の将棋が先手というのはなんとなく気分が良い。 藤井四段との共著ではないが、安西五段もまた『振り飛車党宣言』の著書の一人。ここまで並べて...