1994/2/25 加瀬純一五段—藤井猛四段(NHK杯)

感想

加瀬純一五段との一戦。来年度のNHK杯出場を目指し今年も予選が始まる。

加瀬五段とは過去1局指していて、藤井四段の四間飛車に加瀬五段の棒銀だった。本局は加瀬五段が先に振り飛車を提示し、藤井四段が居飛車穴熊を目指した。同じ対抗形でも振り飛車と居飛車が逆になっている。

38手目の局面、藤井四段は☖4三金型ではなく☖3二金までガチガチの居飛車穴熊に組んた。

通常、居飛車の作戦勝ちと見るところだと思う。

加瀬五段は上部の薄さを突いて☗5八飛と回り5筋からの捌きを目指した。☖3二金の後に☖4三金とするはずもなく、どのように受けるか。藤井四段は☖5二飛と受けた。加瀬五段はさらに☗4五歩☖同歩☗同桂とどんどん攻め込んでくるが、☖5一角~☖7三角で先手の攻めを牽制する。

序盤の☖7四歩は☗7五銀を防いだものであるが、玉のこびんを狙うためにも活用したところに味の良さがある。☗5四歩なら☖4五銀と跳んできた桂馬を召し取れる。

それにもかかわらず、加瀬五段が☗5四歩と取り込んできたので驚いた。対してすぐ☖4五銀ではなく一回☖5七歩と入れたのがなるほどの厳しさ。

☖4五銀には☗5五銀があるが、そこで☖6五桂の両取りをかけることができる。

加瀬五段はこの☖5七歩を飛車で取れず、先手が描いていた中央突破の夢は打ち砕かれた。54手目☖4五銀は満を持しての桂取り。加瀬五段がハイリスクな攻めを見せたが、藤井四段が上手く咎めた格好だ。その上盤上に残っているのは居飛車穴熊と高美濃の陣形差。58手という異例の短手数で投了となった。居飛車穴熊に組み切ってわずか20手で勝利した。

評価値

評価値(Suisho5(20211123)-YaneuraOu-v7.6.3/1手15秒)

文字通りの快勝譜。

参考文献

  1. 藤井猛著『藤井猛全局集 竜王獲得まで』(日本将棋連盟発行/マイナビ出版販売)

棋戦情報

第44回NHK杯争奪戦本戦(主催:NHK、日本将棋連盟)

棋譜並べ

1993年度(平成5年度)NHK杯