お気に入り★★

棋譜並べ

1994/4/27 藤井猛五段—内藤國雄九段(王座戦)

感想 内藤國雄九段との一戦。内藤九段とはこれが3局目で、対戦成績は1勝1敗。内藤九段の自由な指し回しに唸ることが多く、並べていて面白い。本局はプロ入り後初の七大タイトル本戦トーナメント対局。 先手は藤井五段。3手目☗9六歩、5手目☗1六歩と...
棋譜並べ

1994/2/22 藤井猛四段—高橋道雄九段(王座戦)

感想 対振り飛車の大家、高橋道雄九段との対局。高橋九段とは約1年半ぶりの対局。前局は藤井四段の後手で、高橋九段の天守閣美濃に敗れた。しかし藤井四段も追い込んでいた。本局は藤井四段の先手で、藤井四段の四間飛車に高橋九段の端歩突き居飛車穴熊とな...
棋譜並べ

1994/1/18 平藤眞吾四段—藤井猛四段(順位戦)

感想 東西分かれているが平藤眞吾四段とは早くも4戦目。順位戦で当たるのは初めて。 順位戦は残り3局。ここまでの順位戦成績は藤井四段が6勝1敗、平藤四段が5勝2敗。四段昇段同期、好成績同士の対局、お互いに気合が入った対局だったと思う。 その初...
棋譜並べ

1993/11/16 小阪昇六段—藤井猛四段(順位戦)

感想 小阪昇六段との順位戦。ここまで藤井四段は4勝1敗、小阪六段は2勝3敗。小阪六段は振り飛車党で、四間飛車対右銀急戦における☗8三角に「小阪流」の名を残している(参考図)。 本局は小阪六段の四間飛車に藤井四段が居飛車穴熊を採用。4手目☖5...
棋譜並べ

1993/10/21 飯塚祐紀四段—藤井猛四段(棋聖戦)

感想 なんと2局続けて飯塚祐紀四段と対戦。なかなか珍しい。 飯塚四段とはこれで3戦目。過去藤井四段が上手く指せている内容ということもあったか、本局は飯塚四段が3手目☗6六歩と一瞬相振り飛車を見せてから居飛車にする変化を見せた。藤井四段は☗6...
棋譜並べ

1993/9/21 藤井猛四段—川上猛四段(順位戦) ※指し直し局

感想 千日手指し直し局。藤井四段2時間8分、川上四段3時間38分の持ち時間で17時10分に対局開始した。 千日手局では居飛車穴熊に組んだ川上四段だったが、指し直し局では急戦を採用。四間飛車対急戦の最も典型的な形と言える☗6七銀型四間飛車と☖...
棋譜並べ

1993/5/6 藤井猛四段—植山悦行五段(竜王戦)

感想 植山悦行五段との戦い。 1991年度の順位戦では植山五段は居飛車急戦を採用したが、本局は相振り飛車になった。伝統的な向かい飛車対三間飛車。囲いは先手金無双、後手は高美濃に組んだ。 37手目、植山五段の☖3六歩に、なんと藤井四段は2時間...
棋譜並べ

1993/2/22 神谷広志六段—藤井猛四段(NHK杯)

感想 神谷広志六段との一戦。 前回の対局では石田流に棒金だったが、本局は藤井四段の四間飛車に神谷六段の棒銀となった。 藤井四段の構えは「対棒銀の最強布陣」と言われる形。『四間飛車の急所 第3巻』に詳細な解説がある。ここから☗9八香など手待ち...
棋譜並べ

1992/11/12 藤井猛四段—中田功五段(新人王戦)

感想 中田功五段との一戦。前回のこのカードは矢倉(千日手)、横歩取りと意表の相居飛車シリーズになった。本局は藤井四段の四間飛車に中田五段の居飛車となり、安心して並べられる戦型となった。 中田五段の構えは天守閣美濃~米長玉銀冠。一方藤井四段の...
棋譜並べ

1992/9/16 藤井猛四段—武市三郎五段(順位戦)

感想 武市三郎五段との順位戦第4回戦。ここまでの順位戦成績は武市五段が0勝3敗、藤井四段が2勝1敗。藤井四段は第3回戦では痛い敗戦を喫した。 武市五段と言えば筋違い角で有名だが、本局は藤井四段が先手。どういう形になるかと思ったが、武市五段は...
棋譜並べ

1992/7/17 佐藤大五郎九段—藤井猛四段(全日プロ)

感想 佐藤大五郎九段とは2戦目。前局は藤井四段が天守閣美濃から快勝した。 本局も佐藤九段の四間飛車に藤井四段の天守閣美濃という戦型になった。手順だけ見ると全局と似ているが、佐藤九段が☗5六歩と突いていないだけで全然違う雰囲気だ。そして☗4五...
棋譜並べ

1992/6/29 藤井猛四段—深浦康市四段(新人王戦)

感想 今月2度目の深浦康市四段戦。前局では痛い敗戦を喫した。 戦型は深浦四段の居飛車に藤井四段が「5筋位取り中飛車」を採用した。藤井四段がプロになってから初めての「5筋位取り中飛車」採用である。今では「ゴキゲン中飛車」と言われる戦型と思うが...
棋譜並べ

1992/6/16 藤井猛四段—長沼洋五段(順位戦)

感想 藤井猛四段の2期目の順位戦が始まる。初戦は長沼洋五段との一戦。 藤井四段は先手で四間飛車。対して長沼五段はなかなか作戦を明らかにしなかったが、ようやく30手目に☖6四銀と出て右銀急戦を見せた。☗4六歩と突かせたかったということか。長沼...
棋譜並べ

1992/5/6 藤井猛四段—櫛田陽一四段(銀河戦)

感想 櫛田陽一四段との一戦。 櫛田四段は「世紀末四間飛車」を生み出した四間飛車党。本局も櫛田四段の四間飛車に藤井四段の居飛車穴熊になった。 先手の飛車先が伸び切っていないのを見て、穴熊に組む途中で振り飛車から角交換を挑む積極策を採用。☖3三...
棋譜並べ

1992/2/7 先崎学五段—藤井猛四段(棋王戦)

感想 同世代、先崎学五段との戦い。人情に溢れ、大好きな棋士の一人。 前局は王将戦デビュー局だったが、本局は棋王戦デビュー局だ。 この将棋は戦型こそ「後手四間飛車 対 居飛車穴熊」であるが、22手目の局面、☖3一銀の活用も☖8二玉の入城も後回...