先手四間飛車

棋譜並べ

1995/4/27 藤井猛六段—豊川孝弘四段(棋王戦)

感想 豊川孝弘四段との戦い。過去3戦あり、藤井六段の1勝2敗。棋譜並べをするときはなるべく序列通りに王将、玉将を据えるが、藤井六段が王将を持つ機会が増えてきた。 戦型は藤井六段の四間飛車に豊川四段は居飛車穴熊を目指した。対する藤井六段の作戦...
棋譜並べ

1995/3/17 藤井猛五段—前田祐司七段(棋王戦)

感想 前田祐司七段との戦い。約4年ぶりの戦いで、対戦成績は藤井五段の1勝0敗。 藤井五段は☗7六歩☖3四歩☗9六歩の出だし。相振り飛車も見据えていただろうか。前回の対戦同様、前田七段は居飛車を選択し、22手目☖3五歩で玉頭位取りを明示した。...
棋譜並べ

1995/3/10 藤井猛五段—川上猛四段(新人王戦)

感想 川上猛四段との対局。川上四段とはこれが3局目で、対戦成績は藤井五段の過去2勝。 過去の将棋を見ても、川上四段は持久戦急戦どちらを採用するか分からない。本局は3手目藤井五段が☗9六歩と様子を見た。ちょっと変わった序盤になるかと思ったが、...
棋譜並べ

1995/3/7 藤井猛五段—桜井昇七段(順位戦)

感想 第53期順位戦C級1組最終局。藤井五段は9連勝、桜井七段は3勝6敗。前節は抜け番であり、他の対局の結果昇級が決まった状態で本局を迎えることになった。藤井五段は唯一の全勝だが、本局に敗れた場合2位昇級になってしまう可能性がある。 戦型は...
棋譜並べ

1995/3/1 藤井猛五段—飯塚祐紀四段(NHK杯)

感想 NHK杯予選決勝を飯塚祐紀四段と争う。飯塚四段とは過去3戦して藤井五段の3勝負けなし。 藤井五段は四間飛車。この頃の飯塚四段は急戦のイメージがなく、本局も居飛車穴熊を目指した。43手目まで居飛車穴熊と銀冠にしっかり組み合った。43手目...
棋譜並べ

1994/12/19 藤井猛五段—堀口弘治六段(竜王戦)

感想 第8期竜王戦初戦で、堀口弘治六段との戦い。堀口六段とは4戦目で過去2勝1敗。 戦型は藤井五段の四間飛車に堀口六段の右四間飛車。目を引くのは初手☗6六歩! おそらくは堀口六段の右四間飛車を想定した手で、☖8四歩と突かれない限りはその他の...
棋譜並べ

1994/11/1 藤井猛五段—深浦康市五段(棋聖戦)

感想 深浦康市五段との戦い。これまでの対戦成績は藤井五段の2勝1敗。ちょうど1年ぶりの対局で、前局では両者とも四段だった。力をつけて再び相まみえる。 戦型は藤井五段の四間飛車に深浦五段の居飛車穴熊。☗3九玉型の駒組みも当然のようになってきた...
棋譜並べ

1994/10/25 藤井猛五段—坪内利幸七段(順位戦)

感想 5連勝中の藤井五段と3勝1敗の坪内七段との戦い。坪内七段とはこれが唯一の対戦。 戦型はまず藤井五段の四間飛車。15手目☗4六歩が早い印象を受ける。坪内七段の棋風が分からないのが残念だが、持久戦を想定していたものか、堅い美濃囲いを目指し...
棋譜並べ

1994/9/21 藤井猛五段—室岡克彦六段(王位戦)

感想 室岡克彦六段との戦い。室岡六段とは過去2局対戦し、藤井五段の四間飛車に居飛車穴熊、天守閣美濃をぶつけてきており、当時の最先端の将棋が指されている。佐藤康光竜王(当時)との研究パートナーであったことも有名であり、別の将棋の自戦解説では「...
棋譜並べ

1994/8/23 藤井猛五段—宮坂幸雄八段(順位戦)

感想 第53期順位戦C級1組第3回戦。2連勝中の藤井五段と0勝1敗の宮坂八段の戦い。宮坂八段はこの時既に64歳であり、41歳差の対局である。 戦型は宮坂八段の腰掛銀右四間飛車に藤井五段の☗5七銀型四間飛車。藤井五段は右四間飛車に銀を三段目に...
棋譜並べ

1994/7/5 藤井猛五段—堀口弘治六段(順位戦)

感想 第53期順位戦C級1組第2回戦。堀口六段も藤井五段も初戦に勝利した。堀口六段とは3戦目で、過去1勝1敗。 戦型は藤井五段の四間飛車に堀口六段が右四間飛車と天守閣美濃の組み合わせと少し趣向を凝らしている。藤井五段は☗6七銀型で待機する姿...
棋譜並べ

1994/6/30 藤井猛五段—南芳一九段(王将戦)

感想 王将戦二次予選、南芳一九段との対局。南九段は藤井五段がプロデビューした頃タイトルを争う程の活躍を見せていた。タイトル戦登場回数16回、タイトル獲得数7期の実績を持つ。藤井五段が戦うステージが徐々に上がってきている。 本局は『藤井猛全局...
棋譜並べ

1994/6/20 藤井猛五段—郷田真隆五段(全日プロ)

感想 郷田真隆五段戦。これが3局目で。いずれも藤井五段の四間飛車に郷田五段が急戦調で仕掛ける将棋で、郷田五段が工夫を凝らしてきているのが分かる。 本局も藤井五段の四間飛車に、郷田五段が急戦を仕掛けた。居飛車穴熊や天守閣美濃が主流になりつつあ...
棋譜並べ

1994/5/16 藤井猛四段—富岡英作七段(竜王戦)

感想 富岡英作七段との戦い。富岡七段も升田幸三賞受賞者の一人(角換わり腰掛け銀富岡流)。 戦型は藤井五段の四間飛車に富岡七段の居飛車穴熊。藤井五段が一段玉+☗3七桂の速攻型を目指しているのに対し、☖5三銀と上がらず、☖3三角から穴熊に組みに...
棋譜並べ

1994/4/28 藤井猛五段—神崎健二五段(IBM杯)

感想 IBM杯は自分が将棋を見始めた頃には既になくなっていたが、順位戦昇級者同士のトーナメント戦とのこと。非公式戦ながら面白いコンセプトだと思う。 神崎五段とは公式戦での対局はないが、非公式戦で2局目。前局は対居飛車穴熊藤井システムの原型と...