1994年度(平成6年度)

棋譜並べ

1994/7/21 佐藤康光竜王—藤井猛五段(王将戦)

感想 佐藤康光竜王との戦い。佐藤康光竜王とはこれが初手合い。タイトルホルダーと公式戦を戦うのも初だ。 本局は自戦解説掲載局。1994年度からは対左美濃藤井システムの進化を示す重要な対局が増え、自戦解説掲載頻度が高くなっている。 戦型は藤井五...
棋譜並べ

1994/7/5 藤井猛五段—堀口弘治六段(順位戦)

感想 第53期順位戦C級1組第2回戦。堀口六段も藤井五段も初戦に勝利した。堀口六段とは3戦目で、過去1勝1敗。 戦型は藤井五段の四間飛車に堀口六段が右四間飛車と天守閣美濃の組み合わせと少し趣向を凝らしている。藤井五段は☗6七銀型で待機する姿...
棋譜並べ

1994/6/20 藤井猛五段—郷田真隆五段(全日プロ)

感想 郷田真隆五段戦。これが3局目で。いずれも藤井五段の四間飛車に郷田五段が急戦調で仕掛ける将棋で、郷田五段が工夫を凝らしてきているのが分かる。 本局も藤井五段の四間飛車に、郷田五段が急戦を仕掛けた。居飛車穴熊や天守閣美濃が主流になりつつあ...
棋譜並べ

1994/6/14 阿部隆六段—藤井猛五段(順位戦)

感想 第53期順位戦が開幕した。前期昇級を果たした藤井五段はC級1組として戦う。初戦は阿部隆六段。阿部六段とは過去2戦2敗1千日手。いきなり勝負所と言える。 戦型は藤井五段の四間飛車に阿部六段の玉頭位取り。本局の藤井五段の駒組みは玉頭位取り...
棋譜並べ

1994/6/6 森内俊之七段—藤井猛五段(IBM杯)

感想 順位戦昇級者同士のトーナメントであるIBM杯。本局はB2→B1級昇級者の森内俊之七段との対戦。準決勝という舞台だ。森内七段とは2局目。前局は1991年度で、相穴熊のこってりした将棋だった。久々の対局となる。 本局藤井五段は後手。戦型は...
棋譜並べ

1994/6/3 藤井猛五段—富岡英作七段(王座戦)

感想 先月に続いて富岡英作七段戦。リベンジなるか。 藤井五段先手で☗7六歩☖8四歩☗5六歩という意表の出だし。 富岡七段も予想外だったか、ここで19分も使って☖5四歩とした。藤井五段にしては珍しいオープニングで、戦型は☗5七銀型の三間飛車に...
棋譜並べ

1994/5/30 島朗八段—藤井猛五段(王将杯)

感想 島明九段との戦い。非公式戦と公式戦ながら、2局連続は珍しい。 戦型は藤井五段の四間飛車に島八段の居飛車穴熊。居飛車穴熊も徐々に増えてきた印象がある。組ませて戦う時代の藤井将棋を楽しみに並べる人も多いと思う。 本局、藤井五段は一段玉で隙...
棋譜並べ

1994/5/24 島朗八段—藤井猛五段(IBM杯)

感想 順位戦昇級者同士のトーナメントであるIBM杯。本局はB1→A級昇級者の島朗八段との対戦。 戦型は藤井猛五段の四間飛車。16手目☖6四歩が早く、対持久戦を主に想定していることが窺える。この歩を見てか、島八段は19手目☗6八銀とし、左銀急...
棋譜並べ

1994/5/16 藤井猛四段—富岡英作七段(竜王戦)

感想 富岡英作七段との戦い。富岡七段も升田幸三賞受賞者の一人(角換わり腰掛け銀富岡流)。 戦型は藤井五段の四間飛車に富岡七段の居飛車穴熊。藤井五段が一段玉+☗3七桂の速攻型を目指しているのに対し、☖5三銀と上がらず、☖3三角から穴熊に組みに...
棋譜並べ

1994/4/28 藤井猛五段—神崎健二五段(IBM杯)

感想 IBM杯は自分が将棋を見始めた頃には既になくなっていたが、順位戦昇級者同士のトーナメント戦とのこと。非公式戦ながら面白いコンセプトだと思う。 神崎五段とは公式戦での対局はないが、非公式戦で2局目。前局は対居飛車穴熊藤井システムの原型と...
棋譜並べ

1994/4/27 藤井猛五段—内藤國雄九段(王座戦)

感想 内藤國雄九段との一戦。内藤九段とはこれが3局目で、対戦成績は1勝1敗。内藤九段の自由な指し回しに唸ることが多く、並べていて面白い。本局はプロ入り後初の七大タイトル本戦トーナメント対局。 先手は藤井五段。3手目☗9六歩、5手目☗1六歩と...
棋譜並べ

1994/4/23 藤井猛五段—櫛田陽一五段(早指し新鋭戦)

感想 櫛田陽一五段との早指し新鋭戦。 櫛田五段とは、前局の順位戦では藤井五段が居飛車にしたが、本局は3手目に☗7五歩と三間飛車を示した。戦型は先手石田流対後手居飛車穴熊となった。後手は☖5四歩を突いておらず、☗5六銀に☖8四飛と浮いて☗4五...
棋譜並べ

1994/4/19 藤井猛五段—窪田義行四段(棋聖戦)

感想 窪田義行四段との対戦。窪田四段は1994年4月デビューの棋士で、これが2局目。 戦型は窪田四段の四間飛車に藤井五段が居飛車。窪田四段が☖8二玉と入ったのを見て藤井五段が天守閣美濃に組んだ。 29手目☗3八飛は畠山鎮四段戦(1993/1...
棋譜並べ

1994/4/8 先崎学五段—藤井猛五段(王将戦)

感想 1994年度開幕。また藤井猛「五段」としてのスタートを切る。 初戦は先崎学五段との対戦。先崎五段とはこれが3戦目で、過去先崎五段の居飛車穴熊に2連勝している。本局、先崎五段は☗7五歩といきなり変化してきた。対して藤井五段は☖6二銀。そ...